東高日記

学校の様子等をお知らせします

第39回 卒業証書授与式

 3月1日、令和3年度第39回卒業証書授与式が行われました。感染症拡大防止のため、去年と同様に卒業生とその保護者のみとなりましたが、男子22名、女子37名が立派にこの学び舎から巣立っていきました。

堂々たる入場でした。後方には、高校3年間の自分らで考えたテーマ旗です。(1年次=真心、2年次=信頼、3年次=希望)このテーマのように、卒業生は、真心を込めて後輩の指導にあたり、信頼される存在となりました。そして、希望ある未来へとこれから旅立ちます。

生徒代表として、松下さん(3-1)が卒業証書を受け取りました。

在校生代表の送辞は島田さん(2-3)。卒業生へ2年間の感謝の気持ちを述べました。 

卒業生代表答辞は藤山さん(3-3)。3年間を振り返り、両親や先生に対する感謝、これからの将来への意気込みなどを述べてもらいました。

式歌、校歌では、3年間を振り返る動画が流されました。コロナの影響で行事が縮小されたり、中止になったりなど苦労の多かった卒業生でしたが、3年間を振りかえると充実した日々がありました。

卒業生は、本当によく頑張りました。3年間本当にありがとうございました。

ちなみに、式が始まる前に・・・

サプライズ動画を流していました。3年間を支えてくれた保護者に対して、生徒たち一人ひとりが感謝のメッセージを送りました。式が始まる前から涙をこらえる保護者様もいらっしゃいました・・・。